2019年10月27日

パーセントグラデーションの生地糸をもっと染めてみた!

今日からのお買い得品

パーセントグラデーションの生地糸

基本的にはウールなのでとても良く色が入ります

で、1Fで販売している家庭用染料 ダイロンで染め進んでみました

3種類のウールのブレンドは思いもかけない効果を生んでくれました♪

1572142331573.jpg

1572142331573rs.jpg

ウール100%なのに染め分けられるこの不思議さ!

チョッといいでしょ♪

1572142333597.jpg

ネットで学んだ染め方で こんな染めも出来ました♪

1572142333597rs.jpg

色を作るって結構楽しいです

青みがかった生地糸ですが 染めずにこのブレンドをそのまま楽しんでも良いかと

色々な使い道がある生地糸たちです

いや、今季の生地糸のラインアップはスゴイですよ!

モヘアあり シルクウールあり アルパカ混あり モハメドアリ

どうぞご利用ください♪

1572142328273.jpg

posted by 毛糸まつり at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地糸

2019年08月27日

染人(そめんちゅ) 増加中♪

これでもか! と、言うほどの生地糸の波状攻撃!

染色前の糸だけに 染めはキレイに入る場合が多いです

もちろん、生地糸の段階で素材感タップリの生成り色を楽しまれても良いのですが 今、ダイロンやみやこ染めに代表される家庭用染料が販売されています

とってもお手軽に染めが出来るので 徐々に染人(そめんちゅ)が増えています

そんなお客様のお一人様に染めたばかりの糸を見せて頂きました

こちらです

DSC_0756.JPG

シルクフィール生地糸を2色のダイロンで染めました!

染料の色のチョイスも 染料の量もグッジョブ!

シッカリとキレイに染まっています

DSC_0757.JPG

2色の染料をバケツに入れて かき回せずにそっと浸ける染め方です

初めてという事でしたが 糸に思いが伝わったのでしょうか

とても初めてとは思えない出来栄えです

あっ、ここのアングルもキレイですな

DSC_0758.JPG

色の濃淡といい 2色の分かれ目といい もはやメーカー級!

こちらは2本どりで編まれる予定とか

編み上がったらぜひ、見せてくださいね

シルクフィール生地糸はまだ若干ございます

1巻でも相当な長さがあると思いますので 存分にお楽しみください

引き揃えでも良しです

生地糸の染めを楽しみたい方

着分に自信がなくても ネックウォーマーやマフラーなどから染め編みしてみませんか♪

正真正銘、世界に一つだけの作品です♪

♪そうさ 染人(そめんちゅ)は

世界に一つだけの糸

1巻1巻違う色を持つ

その糸を編み上げることだけに

一生懸命になればいい♪

宜しかったら あの歌のメロディーに合わせてご唱和ください

では

posted by 毛糸まつり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地糸

2019年08月26日

エクセルシルク 精練情報

シルク100%ながら 1g=8円という価格も業界に衝撃を与えた エクセルシルク生地糸

未精練糸という事もあり麻のようなサラサラ感とハリとコシをもち、洗剤シャバシャバ+柔軟剤でも夏向けのステキな編地になりますが 精練への思いが多くの編人の心の中で燃えていました

何名様かの報告を頂いておりますが やはりイメージしている絹の手編み糸に仕上げるのは、まだまだ難しいようです

編人の方々に汗をかかせて ウチが涼しい顔をしているわけにはいきません

と、いう事で 精練作業らしきことを お盆休みの比較的ヒマな時にしてみましたのでご報告しますね

今回はネットで見つけた 灰 を使ってみました

素人作業ですので その道の方にすればツッコミどころ満載でしょうが、そこは暖かい目でスルーしてください

作業は以下の通りです

@生地糸をいつもの洗剤でシャバシャバっと洗う→これだけでも結構、色がでます
(その後、1昼夜水に浸けておきました)

Aエクセルシルク200g巻に対して 灰250g+店にあった重曹(適当)を水に溶かす
(水の量は糸が十分浸かる位にしました)

Bそのままだと糸に灰が付着してしまいそうなので、生地売場から布をもらい簡単な袋を作りドボン!

精練06 (1).JPG

このまま5日間放置しました

C開封し、水で良くすすぎます

精練06 (2).JPG

Dいつもの柔軟剤につけ置き、軽く絞って作業終了!

後はジックリと2日かけて乾かしました

かれこれ1週間以上を費やしましたが さてさて結果はいかに!

仕上がったのがこちらです↓

精練01.jpg

写真では全く分からいと思いますので 食レポ いや、糸レポします

まずは優しくサワッとしてみましょう

そしてニギッ

で、ムギュ・・・・

おぉ! 明らかに水洗い+柔軟剤より柔らかくなりハリも優しくなりました!

かなりの進歩がみられます

精練前後の糸を比べてみましょう

精練02.jpg

アップにするとチョッとした変化に気が付くと思います

精練03.jpg

上が精練後

下が生地糸のままです

特に赤い丸の中をご覧ください

あなたの未来が見えます!

い、いや違う!

糸の太さに結構な違いがみられます

撚りが戻った感じで よりエクセルシルクに近い感じになりました

光沢感は失われておらず、引っ張っても切れることはないかと

今回の作業を通じて いわゆる販売されているようなドレープ性のある絹の手編み糸までは至りませんでしたが 少しでもセシリンは落ちたのかなぁ と思いました

本来なら煮なければならない作業らしいのですが そのような場もなく、それでは時間をかけてやってみよう!という事で 今回の自由研究のような事になりました

灰はスタッフのご親戚から頂きました

火鉢の灰です

精練04.jpg

まだ250g位あるので 今度はどこかで煮てみたいな と思いました

素人の好奇心は止める事が出来ません

さて、このジオログでは皆様からの精練作業につきましてのご報告を受け付けております

できれば写真とかも頂ければ できればこのジオログで全世界の編人様にご紹介させて頂ければ幸いです

ご家庭で手軽に いや、手軽は無理と吉田繊維さんにも言われましたが ご家庭であまり無理しないで出来る精練ができたらいいですよね

夏休みも終盤ですが 夏休みの宿題になりそうな実験でした

あー、楽しかった♪

では

posted by 毛糸まつり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地糸

2019年08月07日

チョッと凝ってみました♪

もう一つ 染めてみました

色々と参考にさせてもらって染め上がったのがこれ

05.jpg

染め液で掻き混ぜないで染めながら 染粉を塩コショウのようにパッパッとふる

で、かすり染めのように染め上がりました♪

04.jpg

同じのは二度と出来ないけど 染めてすすいで乾くまでのワクワク感は 長いニットライフでも経験のないワクワク感です

これからこれを編むなんて なんて幸せなんでしょうか♪

こちらの糸は 昨年も販売させて頂いたシルクエレーヌの生地糸です

細さといい クォリティといい かなりの糸です

生地糸の生成りもメチャいいのですが 染めも実に楽しい♪

シルクエレーヌは今季も販売予定です

この夏は糸の楽しみ方が一回り広がった気がします

編めたら 又、ご報告します

染めで大事なのは結果オーライ

染め上がった色がその糸の色なんです

生地糸の染め

ぜひ、体験してみてください

マジ、楽しいッス♪

では

posted by 毛糸まつり at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地糸

生地糸の染め 楽しいですよ〜♪

♪オ〜ソレ〜ミヨ〜 染め〜てみ〜よ〜

おはようございます

今日も軽快なイタリアのカンツォーネでスタートしました

暑い日が続きますが、好きなイタリア料理はミラノ風ドリアです

さて、上の歌は単なるネタではありません

染めてみ〜よ・・・

そう、染と言えば ・・・染之助染太郎です!

「オープン ザ 傘」

いや、違う!

染と言えば 生地糸です!

先日、シルクフィールの生地糸を染めた記事をアップしたところ、早速何名様かの元に旅立って行きました♪

あれは小さい巻でサンプルのような栗原 い、いや小巻でしたが 今回は実用的な大きな巻で染めたものです

まずはシルクフィールを一色の染液で染めたものがコチラです

03.jpg

約100g位ですから900m位はある巻です

上の生地糸が200g前後ですから使い方によっては2巻取れますな

で、よ〜く見ると単色の濃淡があるのがわかります

01.jpg

この糸はシルクモヘアですので グルグルとかき混ぜません

毛足は短いのですが 絡みが怖いです

棒状のものにかせのまま掛けて そのまま染液につけていきます

で、引き上げて少しずらして又、染液にユックリとつかります

染液は徐々に薄くなっていくので このようなカウニスもびっくり!なゆったりとした段染めになっていきます

如何でしょうか!

難しいテクニックは使わなくても バケツとつよせのポイントカードがあればできます!

あっ、厳密には「ダイロンやみやこ染のような家庭用染料を購入したら付くつよせのポイントカード」が正しいです

水を使っても気持ちの良い季節ですので、今染めて秋に編むという先行投資はいかがでしょうか


林先生も言いました

いつ染めるの? 今でしょ!

どこで編むの? 居間でしょ!

さぁ、行動に移るなら今です

なぜなら・・・

このシルクフィール

在庫数が少ないんです

だから、細糸ファンの方 シルクフィール大好きっ子はお早めの手配をお願いいたします

裏メニューだったんですが、噂が噂を呼び 多くの編人がお求めになっています

細い糸は応用が効きます

使い道も∞

裏メニューなので4階に無造作に置いてあります

分からなかったら聞いて下さいね

あっ、もうひとつ 生地糸の染めでお知らせしたいことがあるので 後程の記事で

では



posted by 毛糸まつり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地糸

2019年08月02日

シルクフィール段染プロジェクト 詳細です!

世界で一つの段染め糸が作れる シルクフィール段染プロジェクト

画像が上がってきたので チョッと夏休みの自由研究風に書いてみますね

色々なやり方があるとは思いますが これ、カンタンで楽しいです♪

ちなみに 染料はダイロンマルチを使用しました





@糸がつかる程度(ひたひた)のお湯を鍋で沸かす
 (50度〜80度)

その間に、

・生地糸を洗う(基本の洗い方)…洗い終わったらぬるま湯につけておく

・鍋にお酢を入れる(お湯の量により100〜200cc)

・染液を作る(ダイロンマルチの場合)

空のペットボトル、計量カップ等にぬるま湯100ccに対し、染め粉1gを入れよく溶かす

使いたい色の分の染液を用意


A鍋に染液をそっと流し込む(色と色が完全に混ざらないようにするため、撹拌しない)

1.jpg
B軽く絞った生地糸をゆっくり鍋に入れる

2.jpg
C上から染液を糸に乗せるように流し込む

3.jpg
D20分、糸を触らずにつけておく(お湯が冷めていたら少し加熱)
※染料が糸に入り、鍋のお湯が透明になるまでは触らない

E糸を取り出し(熱いのでトング等使ってください)水かぬるま湯で色が出なくなるまですすぐ

F基本の洗い、柔軟剤で仕上げ

G陰干し

注意点
・毛足の長い糸は絡まりやすいので、静かに押し洗いして下さい

・化学染料なので料理用の鍋を使った場合は、使用後に鍋を漂白してください

・アルミの鍋は溝に染料が入り込みます。料理との兼用は避けてください

・ダイロンマルチに関してですが、残った染液は取っておいて使い回しができます。

・濃く染める場合は粉の量を倍にしてください
(ダイロンHP調べ)

で、こんな感じです

4.jpg

この不ぞろいさが何とも編み心をそそります♪

引き揃えにしてもいいし ザックリと編んでもいい

生地糸の楽しみを再確認した楽しい時間でした

おし!

あとは編むぞ♪

では お試しあれ!



posted by 毛糸まつり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地糸

2019年07月31日

シルクフィール生地糸 段染プロジェクト!

サマーセールは今日までですが 生地糸の販売はまだまだこれからです!

というのも 色々とご提案をしていこうと思っているのですが なにせ猫の手も借りたい現状です

5418.png

さて、そんな中 密かに人気なのがシルクフィール生地糸です

やはりウチのお客様は細い糸がお好きで その利用価値の高さをご存知の方が多いのでしょう

これがシルクフィール生地糸です

DSC_0665.JPG

さてこの糸

かつてはシルクフィールプリントと言う段染め糸が存在していました

添え糸に使ってもとてもキレイで編地に埋もれる事の無い、主張のあるシルクモヘアでした

そんな糸ができないかなぁ・・・

いつも欲望は冒険の始まり!

みんな夏の太陽が悪いのさ!

ダメもとでチャレンジしたのがこちらです!

DSC_0683 rs1.jpg

ふふふっ・・・

見事な段染シルクフィールの完成です!

DSC_0683 rs2.jpg

これはハッキリ言って 楽しい です♪

結果なんですが 染め方などはチョッと整理してからご案内しますね

割とカンタン!

これは新たな生地糸の楽しみ方の誕生です!

今日 ご購入できる生地糸は以下の通り

コットンメモワール

スビンゴールドテープ

エクセルシルク

カウント5

シルクフィール

みな往年の名糸ばかり

その活躍ぶりは あえて言葉にしなくても作品などからお分かりになるかと思います

既存の糸にもいいけど チョッと刺激が欲しいな と思ったら生地糸は楽しいですよ〜

染めは楽しいですよ〜

この夏は童心に帰って ビギナーの頃に帰って 心底手あみを楽しみましょう♪

サマーセールは今日限り

ぜひ、ご利用ください

DSC_0683 rs.jpg

posted by 毛糸まつり at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地糸