2019年12月04日

MOND FILさんの糸を見てみよう その4

明日からの週替りのお買い得品 MONDO FIL モンドフィルさんの糸をご紹介しています

こちらもまずは全4色のご紹介です

DSC_1252.JPG

おぉ!

毛足が確認できます

極細モヘアでしょうか?

しかし、この色合いは獣毛感もMAXに感じます

と、じれったい前置きはこのくらいにして まずは驚きのスペックをご覧ください

アルパカ15% ウール60% ナイロン25% 100g 950m

・・・・恐れていたことが現実になってしまいました

あったらいいなぁ・・と幼い頃から思っていた獣毛の超細番手

この数字はカウント10や キッドモヘアファインに匹敵する細さです

この時点で既に添え糸としての条件を満たしてしまいました

カウント10もナイロン24%の混紡で ほぼ同じですが、これは芯糸として使われており丈夫さを持たせています

今回の糸はカウント10ほど柔らかいナイロンではなく 適度な と言うか カウント10がソフトすぎるので 一般的な編み糸としてのシッカリ感を持っています

起毛糸ですがアルパカらしさは触感的にも見た目でも感じることができます

それでは4色を1色ずつ見ていきましょう

DSC_1256.JPG

薄いベージュ系です

この色を見ていると 糸の作りがよく分かります

芯糸が黒く、そこにベージュの恐らくアルパカウール系の糸が絡んでおりそれを起毛させているような感じです

DSC_1256rs.jpg

既にしもふり感があり編地でも存在感が増すことと思われます

こんな提案はいかがでしょうか

DSC_1260.JPG

例えば生地糸に添えてみる

生成りのまま添えてもいいし 薄っすらと染めてからでもいいと思います

それこそ身近な紅茶とかで色を付けてから添えて編む

まずは自分用のマフラーなどからいかがでしょうか

例えばパーセントに引き揃える

中細でも良いのですが ここは色数の多いパーセントをチョイス♪

後付のアルパカウールをご堪能ください

メンズ用にもオススメです♪

DSC_1261.JPG

ベージュ色になります

DSC_1261rs.jpg

上の色と比べるとこんな感じ

DSC_1262.JPG

どちらも良い色です♪

もさもさ起毛はモヘアほど柔らかさはなく 流石に厳しい自然条件で育ったアルパカの毛らしさがあります

芯糸は余り目立ちませんが 所々に濃淡があり、それが又良い味を出しています

この4色はどの色も使いやすい色だと思います

DSC_1264.JPG

焦げ茶色です

DSC_1264rs.jpg

起毛の毛が白っぽく、それがいい感じでモワッとした感じを漂わせています

今までの3色を上から見るとこんな感じです

DSC_1266.JPG

これはどれをどう合わせても様になりますね

4Fでよく編まれている配色的な切り替えで編んでも良く合いそうです

DSC_1269.JPG

黒というかチャコールグレーの色になります

DSC_1269rs.jpg

・・・そうですか・・・この4色ですか・・・

これはですね ・・・

なんと言いますか・・・

1巻が500円ですよね・・・

4色買いでも良いのではないでしょうか!

DSC_1271.JPG

2000円で各950mずつあります

どの色も使いやすく使う色なんですよ

手の届くところに置いておいても これは編みべーションが上がるの間違いなし!

いかがでしょうか!

MONDFILさんの糸 

その良さが少しでも伝わりましたでしょうか

明日の開店から4F毛糸売場にてお求めになれます

じっくりと予習して 編み予定ばかりでなく衝動買いもお待ちしています♪

基本的に現品限りの追加なしです

初めて販売させて頂く糸です

ぜひ、お見逃しのないように♪

では
posted by 毛糸まつり at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186877928

この記事へのトラックバック