2019年12月04日

MOND FILさんの糸を見てみよう その2

これからの展開次第では第4の手編み糸メーカーになるかもしれないモンドさん

その糸作りは型にはまらず 流行に流されず ピンポイントな糸作りにとても共感が持てます

そんなモンドさんのアウトレット糸 1巻 500円均一糸をご紹介しています

DSC_1236.JPG

ライムグリーンの明るく軽いリリヤンのように庵である糸です

一見すると太めですが 素材がアクリル55% 綿45% 100g 180mと並の太さです

巻は大きいですが 持ってみると拍子抜けに軽い!

サラサラしてるし この手の太さは案外、需要があるかもです

GWから梅雨寒頃までの袖付きのウエアーものなんかにいいんじゃないかな

綿だけでこの太さだと重さがズンと来そうですが 編み撚りの化繊混なので軽いです

次の季節のものですが 春先の小物とかにもオススメです♪


DSC_1237.JPG

あっ、この糸の作り

前の記事のグレー✕ターコイズの斜め混の色違いですね

黄色✕グレーの編地は段染めとも違い、どんな表情を見せてくれるでしょうか

編地を想像するのも楽しみの一つです♪

DSC_1238.JPG

あーっ、これはラップにくるまれています

コーンも大きめで 糸の感じはイリオスの細番手のようです

ラメとも違うメタルチックな光沢感が光り物ファンの心を揺さぶります

イリオスがレーヨン✕ナイロンだったのに対して こちらの糸はレーヨン85% ポリエステル15% 100g 1250mになります

吉田繊維さんのビニール袋を折りたたんでのカバーと違い 機械で真空パックのように圧着されたラップになります

糸はチョットだけ触れるのですが 固さはないものの細いですね〜

引き揃えが主な使い方になるんでしょうか

でも、この糸だけの1本どりのレーシーな仕上がりもとても興味があります

細番手チャレンジャーの方

編んだらぜひ、見せてください

DSC_1239.JPG

色違い4本を一気にご紹介します

♪今日も毛糸が編めるのは モンドさんのおかげです それ、イッキ イッキ イッキ♪

イッキ飲みも イッキ編みもいけません

どちらもマイペースで楽しみましょう

そんな昭和な掛け声は置いといて 糸のご紹介です

ナイロン69% レーヨン31% 100g 180m

まずこの糸、糸の作りが面白いです

2本の糸が山道のようにクネクネしてて それが8の字を描くようにつながっていて 左右の糸がぼかすように染まっていたり かすり染めのように濃淡があったり これは最先端のファンシーヤーンと言えるかもです

オモシロイなぁ この糸

でも、編むとどうなるのかな

穴が開いているような作りなので でも、編地になったら関係なさそうだし 興味津々 鈴はリンリン♪

色は恐らく4色だと思います

織っても軽く表情のある織り地になりそうです

これも500円かぁ

糸の内容と価格のコスパは最高ですね!

DSC_1240.JPG

これも変わった糸です

糸から糸がビヨ〜んと飛び出ているような感じ

フリンジとも違うようですがユッタリと絡んだ甘撚りの段染め極太糸がとてもオモシロイ糸としての表情を見せてくれています

これは編地になったらどちらかにボヨ〜んを引き出したほうがいいのかな

袖口とかにポイントとして何段か編むのがいいのかもですね

いかがでしょうか!

モンドさんの500円均一糸

糸を見ていると とても500円の糸とは思えません

かなりの価格を有していた糸が ホントにお安くなった!って感じです

糸によっては本数は余り多くありません

興味のある方は早めのご来店をオススメします

10本買っても5000円かぁ・・・

あっ、また消費編人になってる!

どうもすみません

で、糸の紹介はまだ続きますので よろしくお願いします

ちょっと別のお仕事をしてから また、来ますので しばしサラバじゃ!

って、誰だよ!

では 後ほど
posted by 毛糸まつり at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186877870

この記事へのトラックバック