2019年08月13日

everyday NORWEGIA Print

内藤商事さんネタの連投です

新世代の手編み糸の方向性を示した 極めて毛糸チックなアクリル100%糸 エブリディ

新たな仲間が加わりました

ノルウェージアプリント01.jpg

ノルウェージアプリント

高品質手編み糸。アクリル100%のストレートヤーンです。アクリル100%とは思えない、柔らかい肌触りと光沢感が人気を集めています。アンチピリングのため毛玉になりにくく、小物からウェアまで幅広くお使い頂けます。

100g 250m


・・・・チョッとやな予感がしてきました

気を取り直して編地を見てみましょう

DSC_0551.jpg

まじ01.jpg

こ、これは・・・

名前は出せませんが あの糸にクリソツですな!

8色あるのか・・・

全色編地は・・・

ノルウェージアプリント02.jpg

ほんまでっか?

と、驚いたところで その元になった糸との決定的な違いは あのかすりっぽい染めは 画像では似ていても 現物では大きな違いがありました

やはりあの色合いはウールのくすみ気味な色感が大事で エブリデイの発色の良さでは似て非なるものでした

20190811_083351.jpg

でも、ここまで完成された編地を見ると 別物としては大変興味深い糸です

例えば 洗濯機会の多いであろう帽子とか小物には良いかもです

DSC_0713.JPG

表編みと裏編みが編めれば この編地の世界が楽しめるのはアノ糸と一緒

20190811_083351.jpg

糸の名前はあえて出しませんが うまく使い分けていただくと 楽しいかもです

パクッた パクられたとかいう話は置いといて 手編みに興味を持って頂くには最適な両者です

でも、さすがに両方はやれないなぁ

ウチは元の糸で行くつもりです

でも、この糸の単色は中々良い出来栄えの糸なんですよ

これは元祖エブリデイと同じゲージなので できれば取扱いたいとは思っています

何かとお騒がせな内藤商事さんの今季のスタートですが 業界の流れを知っとく上では押さえておいてもいいかもです

お盆休みも後半に突入しました

今月は第三水曜日の21日まで休まず営業いたします

宜しかったらご来店ください

では



posted by 毛糸まつり at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 毛糸
この記事へのコメント
こんばんは。先日は家族5人でお仕掛け大変失礼致しました。
つよせさんに伺うことができて嬉しい夏休みになりました。ありがとうございました。
さて今日のNorwegia。ドイツでも買えます。Gruendl Wolleというメーカーが名前もNorwegiaとして販売。しかしこの糸の本家はトルコのHIMARAYA社のEVERYDAY VIKING!これこそが内藤商事さんでお取り扱いの糸(ですよね)。なんと本家は19色展開。
ドイツのPro Lana社ではFjordという名前で、まさしくHUSKYな糸を販売。イタリア製で100g300Mは同じ。でもメリノ70%アクリル30%と、こちらの方がメリノ度が高いのです。白色含めてこのシーズンは12色展開です。
両者ともオリジナルはトルコとイタリアで、どちらがどちらを真似たのか、まったくの偶然なのか?それとも考え尽くされた棲み分けなのか?と勝手に毛糸業界の複雑さを想像するだけでおもしろいです。
東京はまだまだ暑いことと思います。つよせの皆様、どうかご自愛くださいませ。
またいつかうかがえる日を楽しみにしています。








Posted by ドイツのおばちゃん at 2019年08月14日 06:42
こんにちは!いつも楽しく読んでいます。
似た柄でも色々なメーカーさんで素材の違うものが出るのは編み人としては素直に嬉しいです。
ウールフリーしか身に着けられないけれど編み物大好きな方が知り合いにいるので、特にそう思うのかもしれませんが。
ノルウェー柄についてはソックニッターにはお馴染み過ぎる段染デザインです。
ドイツのおばちゃんさんも書かれているように、さらに他社が出しているシリーズもあり、P社だけが元になってパクられたというのではないと思いますよ笑
Posted by Fuka at 2019年08月14日 12:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186410464

この記事へのトラックバック