2019年07月22日

平成の作品を顧みようB

さて、お昼を食べたと思ったら もう、おやつの時間です

ここで一旦、冷静になって 過去の作品から今販売中の糸をどう編もうか 一緒に考えてみようではありませんか!

がんばろー.jpg

今、売場で人気のスビンゴールドテープ生地糸

そのポジションは 綿素材の平たいテープヤーン

一世代前に テープヤーンの名を欲しいがままにしてきた糸があったのをご存知でしょうか

その名はコットンラグタイム

ラグタイム.jpg

そうそう、紙巻の芯に巻き付けてあったから こうしてボコッとへこみました

それでも上質のコットンを使用したテープ状の糸は 細かい折れやネジレが絶妙の編地を作り出し、蒸し暑い夏でも肌につきにくく 多くの糸を使用した作品でもダレにくいという良さの際立った糸でもありました

そんなコットンラグタイムの作品がこちらです

721 00.jpg

BR-6425 ベネチアングラスのような繊細さ コットンと透かし模様のフェミニンカーディガン

平成11年の本からです

バリバリの総模様ですね

この時代はまだまだ多かったです

ファンシーな糸もありましたが 技を競い合うような力作が多くあり、それらは教室や講習会など上級者の方々に好まれました

展示会など行くと 大先生に引率された一個小隊の皆様がこんな作品を着て闊歩されていました

そうそうたる時代でしたね、いま思えば

40g 130mの糸を11玉編んでいます

続いてこちら

721 03.jpg

BR-5512 ドレッシーな透かし編みの前あきプルオーバー

カーディガン?でもいいんでないかい

まぁ、いいでしょう

こちらは平成8年に発表された作品です

涼し気なこちらの作品で10玉と少し

こういう棒針の透かし編みでも 縦伸びにくい糸でした

下手な糸ですと 朝着て出て 帰ってきたら長くなっていた! などと言う逸話もありました

上質なテープヤーンの良い特色の一つです

そんなコットンラグタイムにもウィークポイントが唯一ありました

かぎ針編みには太すぎる

そんな声が多くあり、いったん廃番になり 満を持して登場したのがスビンゴールドテープでした

コットンもスビンゴールドいう海島綿と並ぶ超高級コットンに進化!

かぎ針もに対応しうるその細さは 多くの方々に愛されました

そんな歴史を持つスビンゴールドテープ

これらのようなコテコテの作品でないにしろ、長袖カーディガンはいかがでしょうか

中細タイプの上質なコットンのカーディガンは 春先から梅雨寒、夏の冷房除けから初秋の朝晩の涼しさ そして冬のインナーとしても着ていただけます

色んな意味でおすすめポイントが多いスビンゴールドテープ

生地糸をセール中です

まずは4Fにてサワッ ムギュッ としてみてください

そしてその結果は・・・

よろしくお願いします♪

posted by 毛糸まつり at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186307815

この記事へのトラックバック