2019年07月22日

平成の作品を顧みようA

お腹もすいてきました

ここで一旦、冷静になって 過去の作品から今販売中の糸をどう編もうか 一緒に考えてみようではありませんか!

がんばろー.jpg

長い歴史がその人気を物語る糸 ファインパナシェ

特別に秀でた素材を使用しているわけでもないのですが 今でも人気で春夏には欠かせない糸です

fainnpanasye.jpg

リッチモアのカギ針用綿糸の定番。
ポリエステル混により、作品の型くずれを防ぎました。 肌触りもマイルドで、キッズ向けの作品にも。
綿92%、ポリエステル8% 40g玉巻(約170m) かぎ針4/0〜5/0号 23目14段


メーカーのアナウンスですが どうしてどうして、棒針でも人気の糸なんです

棒針の編地のほうが その軽さとサラサラ感が伝わってきます

糸自体がポコポコまではいかないのですが、まっさらなストレートではなく 8%のポリエステルの混紡が糸の強さと夏場は多いと思われるお洗濯に対する強さを物語っています

170mもある糸長は着分でも玉数は少なく 500円台で購入できる価格は材料費を抑えるという効果もあります

そんなファインパナシェもこんな素敵な作品がありました

721 04.jpg

ベストアイズコレクションVol.36 平成4年の作品です

糸はベージュと生成りの2本どり

最近はないと思われる提案ですね

それを7号針で編みました

作品のタイトルが リズミカルな地模様プル

その名の通り 流れるような模様編みがとてもステキです♪

単価や素材では見過ごされがちな糸ですが こんな使い方やこんな本格的な作品も編める、実はポテンシャルのとても高い糸なんです

こちらは4Fにて販売中!

もちろんサマーセール対象糸です

色目は変わりましたが まだまだ現役糸!

ぜひ、ご利用ください

posted by 毛糸まつり at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186306874

この記事へのトラックバック