2017年06月27日

ディスプレイ

中野は全国でも有名なラーメンの激戦区です

行列のできる店で有名な青葉は ウチの店をサンモールを突っ切ってまっすぐ行ったところです

ちなみに まだ食べたことがありません

地元ってそんなもんです

ラーメン好きは夏でも食べます

負けてはいられません!

編人もがんばりましょう!

さて、商魂込めたメッセージはこれ位にして 今日は春夏糸の作品についてです

秋冬の毛糸に比べ どうしても編む方が少なくなる春夏糸

その理由の一つが「ダラ〜んと伸びるから」

せっかく編んで 始めて着て外出して 帰ったら着丈が長くなっていた なんて経験、ありませんか

毛糸でもありうることなんですが 特にずっしりとした春夏糸には多かった事例です

編地による場合が多いですが 今だから言いますが 糸によることも多かった!

ウチのような狭い店だと 人体を多く置けないのでハンガー展示が多くなります

その時に 編地、糸によってこんなになってしまいました

DSC_0130.JPG

10pくらい伸びたかな

もう、すでに遠い昔に廃番になった糸ですが これではやっぱり嫌になりますよね

こればっかりは編んでみないと分からないので 糸で判断しにくいです

きっちり編んで きっちりした糸だとこのような事は起こりにくい

DSC_0132.JPG

オーガニックコットン&リネンのリノビオ

結構、ずっしり系の糸でしたが 作品はしっかりしています

何年もこういう飾り方ですが ほとんど伸びてはいません

まだ、少ないけど売場のどこかにいます

DSC_0131.JPG

懐かしのエコアルパカウール

これだけ模様編みが入ると やはりビクともしません

大変ですが やっぱり模様編みには理由がありました

こういう糸や作品なら 通常の使用で伸びちゃうことはあまりないかと思います

この糸は完売してます

本当なら こういうディスプレイが一番なんですけど 場所が・・・

DSC_0566.jpg

家にも欲しいですよね

編みながら感じがわかる

あーっ、アトリエが欲しい

あっ、あと押入れじゃなく糸を整理する 糸用クローゼット

あっ、もちろん ウォークインです

そして壁はパピーさんの展示会のような こんなのに

DSC_0895.jpg

小さな冷蔵庫と お菓子BOXも常備しなきゃ

ちょっと糸に囲まれお昼寝できるソファと そうそう 青い歯 い、いや bluetoothのスピーカーも♪

そして・・・むにゃむにゃむにゃ・・・・

はっ! 事務所か!

梅雨が終われば暑い夏!

ラーメン好きに負けないように編みましょうね

では♪



posted by 毛糸まつり at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 作品
この記事へのコメント
おっしゃる通りです!ダラ〜と伸びてしまうニットは、本当に嫌ですね。
ただ私は既製品も自分で編んだものでもニットは何日も続けては着ないし、ハンガーにかけて収納もしません。お店でハンガーでディスプレイしているニットって、閉店後はどうしているのかな?というのも気になります。
Posted by もも at 2017年06月28日 00:52
袖付きの作品は、なるべくハンガーは使わないようにしています。

閉店後に外すことはしていませんが、なるべく短い期間でトルソーとローテーションすることを心がけています。

ディスプレイを見て「あー、編みたくなくなったぁ」では元も子もないですものね。

一昔前は糸自体が伸びやすい糸がありました。

でも、編地や作品によるところが やっぱり大きいと思います。
Posted by keitomaturi at 2017年07月04日 08:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180161380

この記事へのトラックバック