2019年12月04日

MOND FILさんの糸を見てみよう その4

明日からの週替りのお買い得品 MONDO FIL モンドフィルさんの糸をご紹介しています

こちらもまずは全4色のご紹介です

DSC_1252.JPG

おぉ!

毛足が確認できます

極細モヘアでしょうか?

しかし、この色合いは獣毛感もMAXに感じます

と、じれったい前置きはこのくらいにして まずは驚きのスペックをご覧ください

アルパカ15% ウール60% ナイロン25% 100g 950m

・・・・恐れていたことが現実になってしまいました

あったらいいなぁ・・と幼い頃から思っていた獣毛の超細番手

この数字はカウント10や キッドモヘアファインに匹敵する細さです

この時点で既に添え糸としての条件を満たしてしまいました

カウント10もナイロン24%の混紡で ほぼ同じですが、これは芯糸として使われており丈夫さを持たせています

今回の糸はカウント10ほど柔らかいナイロンではなく 適度な と言うか カウント10がソフトすぎるので 一般的な編み糸としてのシッカリ感を持っています

起毛糸ですがアルパカらしさは触感的にも見た目でも感じることができます

それでは4色を1色ずつ見ていきましょう

DSC_1256.JPG

薄いベージュ系です

この色を見ていると 糸の作りがよく分かります

芯糸が黒く、そこにベージュの恐らくアルパカウール系の糸が絡んでおりそれを起毛させているような感じです

DSC_1256rs.jpg

既にしもふり感があり編地でも存在感が増すことと思われます

こんな提案はいかがでしょうか

DSC_1260.JPG

例えば生地糸に添えてみる

生成りのまま添えてもいいし 薄っすらと染めてからでもいいと思います

それこそ身近な紅茶とかで色を付けてから添えて編む

まずは自分用のマフラーなどからいかがでしょうか

例えばパーセントに引き揃える

中細でも良いのですが ここは色数の多いパーセントをチョイス♪

後付のアルパカウールをご堪能ください

メンズ用にもオススメです♪

DSC_1261.JPG

ベージュ色になります

DSC_1261rs.jpg

上の色と比べるとこんな感じ

DSC_1262.JPG

どちらも良い色です♪

もさもさ起毛はモヘアほど柔らかさはなく 流石に厳しい自然条件で育ったアルパカの毛らしさがあります

芯糸は余り目立ちませんが 所々に濃淡があり、それが又良い味を出しています

この4色はどの色も使いやすい色だと思います

DSC_1264.JPG

焦げ茶色です

DSC_1264rs.jpg

起毛の毛が白っぽく、それがいい感じでモワッとした感じを漂わせています

今までの3色を上から見るとこんな感じです

DSC_1266.JPG

これはどれをどう合わせても様になりますね

4Fでよく編まれている配色的な切り替えで編んでも良く合いそうです

DSC_1269.JPG

黒というかチャコールグレーの色になります

DSC_1269rs.jpg

・・・そうですか・・・この4色ですか・・・

これはですね ・・・

なんと言いますか・・・

1巻が500円ですよね・・・

4色買いでも良いのではないでしょうか!

DSC_1271.JPG

2000円で各950mずつあります

どの色も使いやすく使う色なんですよ

手の届くところに置いておいても これは編みべーションが上がるの間違いなし!

いかがでしょうか!

MONDFILさんの糸 

その良さが少しでも伝わりましたでしょうか

明日の開店から4F毛糸売場にてお求めになれます

じっくりと予習して 編み予定ばかりでなく衝動買いもお待ちしています♪

基本的に現品限りの追加なしです

初めて販売させて頂く糸です

ぜひ、お見逃しのないように♪

では
posted by 毛糸まつり at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

MOND FILさんの糸を見てみよう その3

モンドさん い、いいんですか・・・


モンドさんはファンシー糸ばかりではありません

獣毛系の糸もお持ちです

それも明日から1巻 500円

チョッと信じられません

まずはこちらの画像から

DSC_1241.JPG

これはもう、普通に販売しているコーン巻糸ですね

細そうですがツイード調の糸なのは遠目でも分かります

まずは糸のカタログデータを見て驚いていただきましょう

シルク52% アルパカ23% ナイロン15% リネン10% 100g 840m

な、なんですか!

この完成されたスペックは!

これで500円?

すざましい破壊力です

では 1本1本見ていきましょう

DSC_1243.JPG

ナチュラル系のベージュ色です

所々にネップのような小さなポコポコが見られますが なにせ細いので余り気にならないと思います

DSC_1243rs.jpg

糸端を割ってみたのですが 大まかに2本の撚り糸で そのうち1本は天然素材系が絡むように混紡されていて もう1本の芯糸のような更に細い糸が恐らくナイロン糸で 糸としての強度も持たせてくれているのでしょうか

よく見るとその糸にも何かが更に絡んでいるようで 糸の作りは正にミクロ決糸隊の様相を見せています

見れば見るほど味わい深いなぁ

この糸をチェックしていた店のスタッフは 自他共に認める細番手フリークですが 既に1本で編むぞゾーンに入ってしまっているようです

確かに40番のレース糸並のスペックなので編めないことはないか

と、なると・・・・

500円で相当楽しめますね♪

DSC_1244.JPG
焦げ茶系です

この色も絶妙な色の濃淡があったり 生成りのネップが編みべーションを一気にアップさせてくれます

DSC_1244rs.jpg

本場のツイードの見本帳にも並んでいそうな色合いは 2本どりや引き揃えへの思いを馳せます

例えば 中細クラスの糸とのコラボ

DSC_1245.JPG

例えばベビーアルパカとの引き揃え

DSC_1246.JPG

買ってもいないのに思いだけが先走る 師走のお昼前でです♪

DSC_1248.JPG

うわっ!

まずいな・・・これも良い色だ・・・

深いグリーン系のツイード調の糸です

DSC_1248rs.jpg

指でコーンの表面を滑らせると 確かに指先に絹の触りを感じます

そうですよね、52%も入っているんですもの

そうなるとウールとの合わせ技が現実味を帯びてきます

こんな感じもいいかもです

DSC_1249.JPG

うわっ!

これはキャビアをトリュフの上に乗せてフォアグラで飲み込むようなもんです!

チョッと贅沢ですが試してみたいパターンかもです

DSC_1250.JPG

4色目は黒です

でも、その中には赤 青 黄色など思いの他、カワイイ色が入っています

DSC_1250rs.jpg

これは5F毛糸市場にある某H社さんの ねんねの黒 とのコラボはタコが い、いや いかがでしょうか

ねんねの黒はベビーヤーンとしては中々難しいですが 糸はメチャ良いので 中細糸の黒として捉えれば そんじょそこらの糸は道を開けます

ご来店の際には 素材がメチャ良い中細糸 として見てみてください

いかがでしょうか!

明日から並ぶモンドフィルさんの糸の中から ピックアップしてお送りしました

が、実はこれだけでないんです

もう一つ 隠し玉があります

あっ、別に隠してないか!

こちらも後ほど落ち着いてご案内しますので しばらくお待ちください

モンドさんの糸 レベルが高いです!

では 後ほど!


posted by 毛糸まつり at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

MOND FILさんの糸を見てみよう その2

これからの展開次第では第4の手編み糸メーカーになるかもしれないモンドさん

その糸作りは型にはまらず 流行に流されず ピンポイントな糸作りにとても共感が持てます

そんなモンドさんのアウトレット糸 1巻 500円均一糸をご紹介しています

DSC_1236.JPG

ライムグリーンの明るく軽いリリヤンのように庵である糸です

一見すると太めですが 素材がアクリル55% 綿45% 100g 180mと並の太さです

巻は大きいですが 持ってみると拍子抜けに軽い!

サラサラしてるし この手の太さは案外、需要があるかもです

GWから梅雨寒頃までの袖付きのウエアーものなんかにいいんじゃないかな

綿だけでこの太さだと重さがズンと来そうですが 編み撚りの化繊混なので軽いです

次の季節のものですが 春先の小物とかにもオススメです♪


DSC_1237.JPG

あっ、この糸の作り

前の記事のグレー✕ターコイズの斜め混の色違いですね

黄色✕グレーの編地は段染めとも違い、どんな表情を見せてくれるでしょうか

編地を想像するのも楽しみの一つです♪

DSC_1238.JPG

あーっ、これはラップにくるまれています

コーンも大きめで 糸の感じはイリオスの細番手のようです

ラメとも違うメタルチックな光沢感が光り物ファンの心を揺さぶります

イリオスがレーヨン✕ナイロンだったのに対して こちらの糸はレーヨン85% ポリエステル15% 100g 1250mになります

吉田繊維さんのビニール袋を折りたたんでのカバーと違い 機械で真空パックのように圧着されたラップになります

糸はチョットだけ触れるのですが 固さはないものの細いですね〜

引き揃えが主な使い方になるんでしょうか

でも、この糸だけの1本どりのレーシーな仕上がりもとても興味があります

細番手チャレンジャーの方

編んだらぜひ、見せてください

DSC_1239.JPG

色違い4本を一気にご紹介します

♪今日も毛糸が編めるのは モンドさんのおかげです それ、イッキ イッキ イッキ♪

イッキ飲みも イッキ編みもいけません

どちらもマイペースで楽しみましょう

そんな昭和な掛け声は置いといて 糸のご紹介です

ナイロン69% レーヨン31% 100g 180m

まずこの糸、糸の作りが面白いです

2本の糸が山道のようにクネクネしてて それが8の字を描くようにつながっていて 左右の糸がぼかすように染まっていたり かすり染めのように濃淡があったり これは最先端のファンシーヤーンと言えるかもです

オモシロイなぁ この糸

でも、編むとどうなるのかな

穴が開いているような作りなので でも、編地になったら関係なさそうだし 興味津々 鈴はリンリン♪

色は恐らく4色だと思います

織っても軽く表情のある織り地になりそうです

これも500円かぁ

糸の内容と価格のコスパは最高ですね!

DSC_1240.JPG

これも変わった糸です

糸から糸がビヨ〜んと飛び出ているような感じ

フリンジとも違うようですがユッタリと絡んだ甘撚りの段染め極太糸がとてもオモシロイ糸としての表情を見せてくれています

これは編地になったらどちらかにボヨ〜んを引き出したほうがいいのかな

袖口とかにポイントとして何段か編むのがいいのかもですね

いかがでしょうか!

モンドさんの500円均一糸

糸を見ていると とても500円の糸とは思えません

かなりの価格を有していた糸が ホントにお安くなった!って感じです

糸によっては本数は余り多くありません

興味のある方は早めのご来店をオススメします

10本買っても5000円かぁ・・・

あっ、また消費編人になってる!

どうもすみません

で、糸の紹介はまだ続きますので よろしくお願いします

ちょっと別のお仕事をしてから また、来ますので しばしサラバじゃ!

って、誰だよ!

では 後ほど
posted by 毛糸まつり at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

MOND FILさんの糸を見てみよう その1

それでは早速、モンドさんから来た箱を開けてみましょう

いつもながらワクワクする一瞬です♪

中を傷つけないようにテープにカッターを入れます

あっ、スゴいな!

テープもMOND FILって入ってる!

ウチみたいに無地のクラフトテープじゃないんですね

そんな開封の儀はどうでもいい

糸のご案内です

DSC_1225.JPG

こちらは混じりの甘撚りロービングヤーンです

あっ、モンドさんの糸のスゴいとこの一つに すべてのコーンの内側に品質表示が入っているんです!

ちなみにこちらはアクリル60% ウール40% 100g 約100m

これは作品作りの目安になりますね!

段染めとも違う多色ミックスヤーンは もしかしたら海外の糸?とも見受けられます

しかしこれだけ手間をかけて 1巻 500円とは恐れ入谷の鬼子母神です!

複数巻きある糸もあるので 同時に購入すればマフラーなど小物作品にも対応できそうです

なんかワクワクワクしてきました

DSC_1226.JPG

レンガ色の多少、起毛のある素朴ヤーン

見た目以上に軽く感じるのは ウール&アクリルが50%ずつ混紡されていました

これで100g 約200mとか

やっぱ素材表示があると安心してオススメできますね

並太糸とのコラボも楽しそうです♪

DSC_1227.JPG

モンドさんの糸は年中無休 冬でも春夏素材がお求めになれるようです

コットン50% アクリル50%の編んであるようなテープヤーンはグレーを主体にターコイズ系が斜めに編み込まれています

100g 230mといいますから40g巻ですと92m

太めの糸ということが分かります

着るものよりもポーチやバッグなど、持てるものにしてもいいかもですね

編みつける口金に編みつけてもいいかもです

いやいや、普段見ない糸を見ると 色々と思いが次々に浮かんできて 一瞬、仕事である事を忘れ 一人の編人になっている自分を発見します

気をつけます

DSC_1228.JPG

これは発色の良い見事な赤 Redです!

糸はコットン100%のテープヤーン

見た感じ、スビンゴールドテープほど細くなく、古くはコットンラグタイムほど太くないといった感じです

この赤は欧米メーカーが付ける赤ですね

アラビスにもない赤です

なにせ値段がアンビリーバボーな価格なので 思いきった使い方も叶姉妹 い、いや 可能です

320mで500円!

この色 この品質でこの価格!

モンドフィルさん  恐るべしです!

DSC_1229.JPG

これはカラフルで楽しい糸です!

ポコポコと細いとことボコッとしたとこが連続していて その都度に色も変わっていくんです!

見ているだけでも楽しい糸だなぁ

プールに浮いているコースを仕切るやつのカラフルバージョン

このボコッも実に柔らかいんです

使い方的にはアクセントヤーンとしてが王道かもですが この糸だけの編地も実に興味があります

こういう糸がホントに少なくなった今、モンドさんの存在は貴重です

コットン40% アクリル40% ナイロン20% 50g 80m

4Fで会えますのでお楽しみに♪

DSC_1230.JPG

マイクロナイロン系のチクチク感ゼロ プリン体ゼロ カロリーゼロのようなメチャ柔らかい毛足のある糸です

その昔、一気に流行った素材感ですが 今ではほとんどのメーカーで見ない糸になりました

で、モンドさんはちゃんと売れ筋の黒をご用意♪

ナイロン100% 100g 530mもあるので マフラーなら1巻 500円で編めてしまうのではないでしょうか

ポーリンのようにボリュームのある編地がお好きなら2本どりという奥の手も

バラエティに富んだモンドさんの糸

作業していても楽しくてしょうがありません♪

大丈夫です

明日、会えますよ♪

DSC_1232.JPG

うわっ! きれいな細い糸だなぁ!

かすり染めの細番手は100gでなんと620m

シッカリ撚っていながら巻は柔らかめに感じるのは素材に起因しているのかな

さてさて素材は・・・なんと、ポリエステル90% レーヨン10%

ここで驚いたのがポリエステルでこの染めができるのか! という事と このシッカリしながら柔らかい事と コーン巻きがキレイに巻かれていること

油断すると巻がズルズルしそうですが 絶妙のテンションで巻かれているんです

これだけでも商品価値が数段アップ!

例えsaleといえども手を抜かないどころかちゃんと作られているモンドさんにリスペクトです

やっぱり、糸は大切に心を込めて扱いたいですね

この糸は細番手マニアの方にはたまらない糸でしょう

かぎ針ファンの方は飛びつくでしょうし 1号フリークの方々は食事をするのも忘れるかもです

これでも1巻 500円

ポリエステルは繊維としても丈夫です

織りの方々にもオススメの糸ですぞ 

DSC_1233.JPG

こちらは黒✕シルバーの1本でも編めるラメ糸になります

レーヨン51% ポリエステル49% 100g 140m

これは太いですね!

サスペンス等が同じ仲間になるかもですが 太さは一回り太くなります

太いアクセントヤーンって今までなかったので そういった意味では新鮮な感じもします

こちらも1巻 500円です


DSC_1234.JPG

こちらは多色絡み混じりヤーン とでも言いましょうか

極太系のスラブっぽい糸です

紺 青 黒など色のまとまりはあります

アクリル100% 100g 120m

メンズライクな糸です♪

DSC_1235.JPG

カラフルレインボーカラーの明るい糸です

パステル調+かすり染めっぽい糸の表面がデコボコしてる変化に富んだ糸でもあります

コットン40% アクリル38% ナイロン22% 100g 210m

今や国産糸ではここまでの発色の糸は余りないです

編みつけたくもなりますし 身につけたくもなります

モンドさんの糸は全般的に 非常に編み心をくすぐる糸です

特に今回の糸たちはスポット参戦の もしかしたら二度と合うことができない糸かもしれません

とてもつたない言葉と未熟な写真技術ではこれらの糸たちの良さを全部お伝えすることはできませんでした

明日から4Fに並びます

ぜひ、ご来店になり「あぁ・・こういう糸もあるんだ・・」と思って頂けるだけでも本望です

ホントは編んで頂けると更に嬉しいんですけどね♪

さて、糸の紹介はまだまだ続きます

今しばらくお付き合いください

よろしくお願いいたします



posted by 毛糸まつり at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

明日12月5日(木)からの週替わりお買い得品は 初参戦!MOND FILさんの糸です!

歳末ビッグセールも中盤に差し掛かってきました

明日から週替わりのお買い得品が変わります

明日からは MOND FIL さんのコーン巻各種 500円均一が始まります!

MOND FILって・・・?

モンドフィルさんは京都に本社を置く、主にアパレルメーカーさん等とお付き合いをしている糸屋さんです

そう、工業糸中心の輸入や糸を生産されていました

そして、昨今 手編みをターゲットに街の毛糸屋さん向けの糸を作り始めました

編人の皆さんならご存知の方も多い 蔵前のあの店や 吉祥寺のその店など 話題性のあるお店とは既に商売を始められています

そして今回、なんとウチとご縁があり1週間の週替わりのお買い得品を扱わせて頂くことになったのです

どうもありがとうございます

と、ある所で拝見し チョッと欲しくなり購入してしまった程、最初のインパクトは強かったです

国内有名メーカーさんともお付き合いがあるとかで そういえば・・・的な糸もあります

見ているだけでも楽しく 今回の糸たちは破格のお値段の物ばかりです

今までに無かった糸だと思いますので どうぞお楽しみください

それでは 糸のご紹介は次の記事から♪

あーっ、明日が待ち遠しいなぁ

では

posted by 毛糸まつり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!