2019年07月22日

満員御礼♪

8月2日(金)のLittle Lionさんのワークショップ

03.jpg

お申し込みが10名様になりましたので 受付を終了させて頂きます

ありがとうございました

お申し込みの方々

2日 お待ち申し上げます♪

楽しい時間にしましょうね♪

もしもご参加が無理になってしまった時は お早めにご連絡を頂ければと思います

さて、準備に取り掛かりましょうか

Little Lionさんの凱旋講習会です!

気合を入れていきまっせ!

では よろしくお願い致します

posted by 毛糸まつり at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

平成の作品を顧みようB

さて、お昼を食べたと思ったら もう、おやつの時間です

ここで一旦、冷静になって 過去の作品から今販売中の糸をどう編もうか 一緒に考えてみようではありませんか!

がんばろー.jpg

今、売場で人気のスビンゴールドテープ生地糸

そのポジションは 綿素材の平たいテープヤーン

一世代前に テープヤーンの名を欲しいがままにしてきた糸があったのをご存知でしょうか

その名はコットンラグタイム

ラグタイム.jpg

そうそう、紙巻の芯に巻き付けてあったから こうしてボコッとへこみました

それでも上質のコットンを使用したテープ状の糸は 細かい折れやネジレが絶妙の編地を作り出し、蒸し暑い夏でも肌につきにくく 多くの糸を使用した作品でもダレにくいという良さの際立った糸でもありました

そんなコットンラグタイムの作品がこちらです

721 00.jpg

BR-6425 ベネチアングラスのような繊細さ コットンと透かし模様のフェミニンカーディガン

平成11年の本からです

バリバリの総模様ですね

この時代はまだまだ多かったです

ファンシーな糸もありましたが 技を競い合うような力作が多くあり、それらは教室や講習会など上級者の方々に好まれました

展示会など行くと 大先生に引率された一個小隊の皆様がこんな作品を着て闊歩されていました

そうそうたる時代でしたね、いま思えば

40g 130mの糸を11玉編んでいます

続いてこちら

721 03.jpg

BR-5512 ドレッシーな透かし編みの前あきプルオーバー

カーディガン?でもいいんでないかい

まぁ、いいでしょう

こちらは平成8年に発表された作品です

涼し気なこちらの作品で10玉と少し

こういう棒針の透かし編みでも 縦伸びにくい糸でした

下手な糸ですと 朝着て出て 帰ってきたら長くなっていた! などと言う逸話もありました

上質なテープヤーンの良い特色の一つです

そんなコットンラグタイムにもウィークポイントが唯一ありました

かぎ針編みには太すぎる

そんな声が多くあり、いったん廃番になり 満を持して登場したのがスビンゴールドテープでした

コットンもスビンゴールドいう海島綿と並ぶ超高級コットンに進化!

かぎ針もに対応しうるその細さは 多くの方々に愛されました

そんな歴史を持つスビンゴールドテープ

これらのようなコテコテの作品でないにしろ、長袖カーディガンはいかがでしょうか

中細タイプの上質なコットンのカーディガンは 春先から梅雨寒、夏の冷房除けから初秋の朝晩の涼しさ そして冬のインナーとしても着ていただけます

色んな意味でおすすめポイントが多いスビンゴールドテープ

生地糸をセール中です

まずは4Fにてサワッ ムギュッ としてみてください

そしてその結果は・・・

よろしくお願いします♪

posted by 毛糸まつり at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

平成の作品を顧みようA

お腹もすいてきました

ここで一旦、冷静になって 過去の作品から今販売中の糸をどう編もうか 一緒に考えてみようではありませんか!

がんばろー.jpg

長い歴史がその人気を物語る糸 ファインパナシェ

特別に秀でた素材を使用しているわけでもないのですが 今でも人気で春夏には欠かせない糸です

fainnpanasye.jpg

リッチモアのカギ針用綿糸の定番。
ポリエステル混により、作品の型くずれを防ぎました。 肌触りもマイルドで、キッズ向けの作品にも。
綿92%、ポリエステル8% 40g玉巻(約170m) かぎ針4/0〜5/0号 23目14段


メーカーのアナウンスですが どうしてどうして、棒針でも人気の糸なんです

棒針の編地のほうが その軽さとサラサラ感が伝わってきます

糸自体がポコポコまではいかないのですが、まっさらなストレートではなく 8%のポリエステルの混紡が糸の強さと夏場は多いと思われるお洗濯に対する強さを物語っています

170mもある糸長は着分でも玉数は少なく 500円台で購入できる価格は材料費を抑えるという効果もあります

そんなファインパナシェもこんな素敵な作品がありました

721 04.jpg

ベストアイズコレクションVol.36 平成4年の作品です

糸はベージュと生成りの2本どり

最近はないと思われる提案ですね

それを7号針で編みました

作品のタイトルが リズミカルな地模様プル

その名の通り 流れるような模様編みがとてもステキです♪

単価や素材では見過ごされがちな糸ですが こんな使い方やこんな本格的な作品も編める、実はポテンシャルのとても高い糸なんです

こちらは4Fにて販売中!

もちろんサマーセール対象糸です

色目は変わりましたが まだまだ現役糸!

ぜひ、ご利用ください

posted by 毛糸まつり at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

平成の作品を顧みよう@

セールも後半戦です

ここで一旦、冷静になって 過去の作品から今販売中の糸をどう編もうか 一緒に考えてみようではありませんか!

がんばろー.jpg

さて、生地糸でもお湯が沸騰中 い、いや 人気沸騰中のシルクフィール

その先祖にもあたる糸 ハースローブの作品です

・ハースローブ 絹20% 毛(キッドモヘア)80%  20g 185m

・シルクフィール 絹20% 毛(キッドモヘア)80%  20g 185m

スペックだけ見てもリバイバル糸であることは一目瞭然

よって使い方や作品は大いに参考になります

やっぱり多いのは引き揃え的な使い道でした

721 01.jpg

ベストアイズコレクションVol.48

平成7年の本ですがそこの作品です

ストールシリーズで ヤジリと言うファンシーヤーンと一緒にメリヤス編みでザックリと編んでいます

この時代ですので 機械編みで14p×120pの超長方形

巻き方でとってもオシャレになりますね

矢切の渡し い、いや ヤジリは既にありませんが 5F毛糸市場に色々なファンシーヤーンが や〜ん、ばかぁと言わんばかりにあるかもですので シルクフィールの生地糸をお求めの方はこういう使い方もご検討ください

ちなみにダイヤル14 10gですって!

721 02.jpg

同じ号ですが このボカシは本のままです

どのような意図でこうしたかは分かりませんが 糸がハッキリ見えたほうが良いかもです

これはハースローブとトッピングモールの2本どりです

今日現在に置き換えると シルクフィール生地糸とトッピングモール100g巻になります

今から24年前から提案されつ続けてきた王道の引き揃え

シルクフィールは添えると主役の味を思い切り引き立たせてくれるレアな調味料のようです

カウント10などの芯糸のソフトな引き揃えモヘアとは一味違う調味糸です

春夏糸にも使える万能さは なかなか捨てがたい糸でした

今一度、時間は経っても復活をお願いしたい糸ですね

こういう細い糸は使い道が多様で そんなに難しくなくオリジナリティが出せます

ちなみにトッピングモール 25g ハースローブ 16g 25×106p D=14

お試しください♪

posted by 毛糸まつり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!