2019年07月09日

裏メニュー

表向きには販売しないけど ご要望があればお売りする裏メニューのコーナーです

まずはこちらをご覧ください

DSC_0646.JPG

あら、いいじゃない♪

モヘアかしら









明日からのお買い得糸で 絹100% エクセルシルクの生地糸が販売されます

これは既報の通りですね










話は変わりますが カウント5という糸はご存知でしょうか

今でも大人気の不動の極細モヘア カウント10の兄弟糸でした

そう、既に見本帳からは卒業してしまった糸です

ほぼカウント10の倍の太さのカウント5

1本でも編めるモヘアをキャッチコピーに 高いクオリティはカウント10ゆずり

モヘアなのに 毛足があるのにチクチクしにくい

単色 段染もあり人気の糸でした










そんな糸の生地糸があったらいいですね








DSC_0646rs.jpg






カウント5の生地糸






これが裏メニューです




エクセルシルクの生地糸との2本どり




形容する言葉が見つかりません




これが裏メニューです






今のところ手持ちの数が希少なので 表舞台で販売する事が出来ません

4Fのどこかにこっそりといますので スタッフにお声をおかけください

約200g位の巻です

約10玉分 7800円→3900円位です






まぁ、編地を見つけたら 触ってみてください






欲しくなったらゴメンナサイ♪





売切れてたら もっとゴメンナサイ♪











裏メニューでした





posted by 毛糸まつり at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

精練へのチャレンジの記録

明日からのお買い得糸

いや、超お買い得糸 エクセルシルク生地糸

未精練糸と言うのは既報の通り

が、そこにたどり着くまでに様々な苦労がありました

その記録です

絹の精練に使用するのは劇薬扱いの薬品があり これはチョッと無理だなと諦める

その代わりに身近なもので代用できないかを かなりの実験を試みました

洗剤系

漂白剤系

衣料用から離れて、掃除に使うものも試しました

実験なので このように量は少なめで試しています

DSC_0606.JPG

色は落ちるのですがセシリンは中々落ちてくれません

そして ある日、洗剤とかなり強めに塩素系の漂白成分につけた所・・・

あっ、柔らかくなった・・・!?

期待に胸を膨らませ 一晩陰干し

おし、まずはかぎ針で♪

指にかけ少しばかりのテンションをかけたところ・・・・ブチッ!

もろくも切れてしまいました

えっ・・・・? まじ・・?

その糸を細切れにするのに 力は必要なかったです

セシリンだけでなく 絹の繊維自体ももろくなってしまっていました

ごめんね 糸

こういういきさつもあり 吉田繊維さんの助言もあり 柔軟剤仕上げになりました

確かに 絹らしさと言うより 麻に近い感じです

サラサラ感のある触感は これからの季節に最適です

失敗も繰り返しましたが とても良い勉強になりました

糸を知るのは楽しいです

では

 
posted by 毛糸まつり at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

絹だけど麻のような糸

サマーセールは明日からです

かなりのお客様が今日からと勘違いしてお見えになっています

どうもすみません

目玉商品をおさらいしておきましょう

シルク04.jpg

絹100%だけど 麻のような糸 エクセルシルクの生地糸

1g=8円


シルク06.jpg

ハリとコシがあり 夏に向けてサラサラタッチの高級素材

シルク05.jpg

絹100%なので染めも可能なポテンシャル!

シルク07.jpg

惜しげもなく使えるこの価格!

サマーセールは明日 7月10日(水)から31日(水)まで

よろしくお願い致します

posted by 毛糸まつり at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

本革はぎれ 

30p四方以上の大きさはあるんじゃないかなぁ

本革.jpg

本革はぎれ 1枚 250円

ジャケットやコートなどの衣料用に革を漉いたものです

※漉く(すく)→ 革を薄く加工する事

その裁ち落としです

だから1枚1枚の大きさも形も違います

でも、薄く滑らかなので 家庭用ミシンでも手縫でも縫う事が可能です

※革用針をおススメします

チョッとした小物ならこれでOK!

革は切りっぱなしでも大丈夫なので その点、楽です

本格手なレザークラフトではなく チョッとしたブックカバーや小銭入れなどを作りたい方には最適です

1枚 250円

3Fで販売してます♪




posted by 毛糸まつり at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

JANOME JOP-664EX 18000円

ウチで一番台数が出ているコンパクト電子ミシンです

664EX.jpg

基本は手元スイッチですが そこは頭の良い電子ミシン

ポンッと押してからユックリ始まってくれます♪

今まで足スイッチ いわゆるフットコントローラーのミシンをお使いの方は この手元スイッチに抵抗のある方が多いのですが 始まるまでに十分に手を添える時間があるので あとは慣れです

どうしてもフットコントローラーが欲しい! という方は こちらをご覧ください

664EX 02.jpg

ミシンのサイドからの画像ですが 差し込みが2か所あります

メガネタイプの物は電源コードで もう一つは別売り(3500円)ですがフットコントローラーが付くようになっています

ご希望の際は大体1台は在庫してますので お申し出ください

その他のセールスポイントを列記します

・小さいのにハードケースカバーが付く
664EX 01.jpg

・思いのほか力があります

・動作音は静かな方です

・小さくしまえるのでお針箱感覚で使えます

・1年間のメーカー保証付き! ジャノメさん直接取引なので修理やアフターサービスも安心です

このパフォーマンスで18000円はかなりのお買い得かと思います

決して新製品ではありませんが ミシンは縫えてなんぼのもの

その点は つよせはミシンも鋏や針と同じく 道具として販売してますので 自信のあるものしか販売しません

編人 縫人 刺人 織人 ミシンを考えている方は 一度、ご覧ください

お求めの際は 少々のお時間を頂ければ 基本的な使い方をレクチャーします

今、水平がまミシンをお使いの方は 説明なしでも使えるかもです

関東近県 佐川急便でのお届けは送料サービスで承っています

ぜひ、ご検討ください




PS
お持ち込み頂ければご不要のミシン こちらで処分させて頂きます



posted by 毛糸まつり at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

染めについて

今回の生地糸特集

ご家庭での染色は出来るかと思います

ウチで試した報告をしましょう

シルク スビンゴールドテープ 両方とも一緒に染めました

下洗いをした後に 染色に入ります

使った染料はこちら

みやこ染 エンジ.jpg

みやこ染 コールダイホット
コールダイオールと並び、 人気の商品です。
綿・麻・レーヨンから絹・毛(ウール)・ナイロンやポリエステル・ポリエステル混紡品までお湯(85℃以上)できれいに染まるECO染料です。ナイロンやポリエステルボタン・樹脂成型品にも使えます。
瓶に入っているので小分けにして使え、経済的です。
※ポリエステル混紡品はポリエステル繊維濃色染め用「濃色促進剤」を使い、
加熱染色(90℃程度)します
※植物繊維の色止めには別売「色止剤ミカノール」をご利用ください。


多くの繊維が手軽に染まります

ただ、経験上 ポリエステル系は中々濃い色は難しいかもです

綿や麻などの植物性繊維はミカノールでの色止を推奨していますので 宜しかったら1Fにてお求めください

さて、染め方は簡単です

@染めるものを洗う → 精練ですね!ローハイドのオープニングに合わせて ♪セーレンセーレンセーレン♪と歌いながら洗うと効果的です

A染め液を作る → 直接、バケツだと中々溶けない事があるので、紙コップなどに必要量を入れて熱いお湯で溶かします この時に塩を1リットルに対し約8gを入れます

Bバケツに85℃のお湯(結構熱い)を入れ、先ほどの染め液を入れる → やけどのご注意ください ちなみに今回はもっと低い温度で染めました

DSC_0608.JPG

C染める糸を入れて良くかき混ぜる → ここで注意!かせ糸なのでこんがらがんないように!そして、毛足のある糸を染める時は 漬けるようにしないと毛が絡んでしまいます

Dつけ置き → まぁ、適当な時間でいいと思います (20分くらい)

E染め液から取り出し 中性洗剤を溶かしたお湯で洗う 

F更に水ですすぎ 水が透明になったらOK牧場!

G必要なら このままミカノールで処理します

これで終了!

ダイロンも基本的には同じです

で、染めたシルク糸がこちら

シルク03.jpg

やっぱり素材がいいのでキレイに色が入っています

光沢感もありますね

スビンゴールドテープはこんな感じになりました

DSC_0627.JPG

これもキレイに入りました♪

製品版のスビンゴールドテープは薬品によるシルケット加工を施してありますが、生地糸はしていませんが、決してくすんでいなくて 逆に自然なツヤがあるようでとても好感が持てます

DSC_0627rs.jpg

そして 何より楽しいです♪

大人になってワクワクすることも少なくなったかと思いますが 染めはワクワクしますよ〜

そして その先にはこの糸を編むんです!

ワクワクを通り越してゾクゾクします

あっ、寒気がしたら それは風かもしれませんので 早めのパブロンで

ダイロンもみやこ染も 1袋 1瓶でTシャツ2枚分くらいのものが染められると言っています

200〜250g位でしょうか

だから大体1巻=1袋と思っていいかもですね

染めは結果オーライで楽しんでください

思った色と違っても 多少、ムラになってとしても それが染めです♪

染め上がりを この色! ではなくて こんな感じの色♪ 的に広い心で染めの時間を楽しみましょう

ご家庭での染め いわゆる後染めは洗濯にご注意ください

いくら色止め処理をしても 洗濯でビミョーに色落ちします

その際に怖いのが その液で他の洗濯物に色がついてしまう事

俗にいう 色移り です

それを避けるためにも単独での選択を心がけてください

汗や摩擦での色落ちもないとは言えません

それらもひっくるめて ご理解いただければと思います

生地糸の生成で編むのもいいと思います

絶品の生成りです

1年着てから染めるのもアリかと思います

製品に仕上げてからの染めですね

なんか楽しくなってきました

夏は水を扱っても苦にならないから こういう作業に向いているかもです

あとは・・・

まぁ、これらのサンプルがあるので 見ながら触りながらおしゃべりしましょうね♪

楽しみだなぁ 皆さんがこの素材をどう料理するかが♪

宜しかったら見せてくださいね



posted by 毛糸まつり at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

精練について

昨日のエクセルシルク生地糸

今日のスビンゴールドテープ生地糸

どちらも染色前の糸になります

本来の工業生産品としての両者は この後に精練(せいれん)という加工が施されます

では 精練とは何でしょうか



精練

・繊維・繊維製品に付着している天然不純物、油剤などを取り除く染色の前工程。

・(漂白や染色の準備作業として)動植物の繊維から混じり物を取り除くこと。

・動植物繊維から夾雑物(きょうざつぶつ)や蝋分・脂肪・たんぱく質などを取り除くこと。



大体、同じことを言っています

昨日のシルクはこのたんぱく質が残っていて、それが絹ではなく麻のような風合いになっている未精練糸です

吉田繊維さんのご助言の通り、ご家庭では絹の精練は難しいと思われます

絹の生地糸は界面活性剤でもある柔軟剤の力を借りて編んでみてください

それでも肌につかない感じは 高いシルクにはない肌触りです

綿の精練は 昨年のコットンメモワール 一昨年のリネンサーフの生地糸でもご紹介した 「洗剤でシャバシャバ」でいいそうです

綿や麻はこれでかなりキレイになるそうです

あの作業は 今思えば簡単な精練だったんですね!

実は今回 この二つの糸を販売するにあたって 一人の編人として、かなりの実験をしてみたんです

これは後ほどの記事で徐々にご案内していきますが 思ったのは「糸作りって大変だな」「製品として玉巻の糸が編めるって幸せなんだな」としみじみ思いました





まとめましょう




今回の生地糸

@絹もテープ糸も まずは洗剤での水洗いをシャバシャバっとお願いします

洗剤はいつも作品を洗うやつでOK牧場です

容器もバケツでいいです

A良くすすいでから 軽く柔軟剤で仕上げてください

これも普段、お洗濯で使用している奴でいいです

柔軟剤の効果をこんなにも体験できるとは思いませんでした

洗うだけと柔軟剤につけたのだと かなりの差が出ます

この2点はお手数ですがご購入の際には行ってください

Bそして陰干し 完全に乾くまでウキウキしながらお待ちください♪

ウチではこんな感じで干しました

DSC_0607.JPG

生地売場の空いた巻棒を ダンボールに新聞紙を敷きつめ そこでジックリと3日間かけました

けっこう、バケツの水に色が出ますので 驚かないでくださいね

これが精練なんです

試練ではありませんので楽しんでくださいね♪

販売時に同じことをおススメするかもしれませんが よろしくお願いします

それぞれの糸の柔軟剤仕上げ後のサンプルをご用意してありますので 触ってみて感じてください

夏のつよせの毛糸売場は 体験型テーマパークのようです♪

それでは よろしくお願いします




<
/span>
posted by 毛糸まつり at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

スビンゴールドとは?

高級綿テープ糸がスビンゴールドテープだという事は分かりました

でも、そんなに大騒ぎするほどのコットンなの? という疑問をお持ちの方の声が聞こえます

スビンゴールドについて調べてみました

(以下、ネットからの抜粋です)




スビン綿とは、インド南部の限られた農家で栽培されている綿花で、インドに自生する在来種であるスジャータ綿と、有名なシーアイランドコットンを掛け合わせて生まれたもの。
繊維が長く、細く、さらに強度もあり、これを用いた製品はシルクのような光沢とカシミアのような肌触りになります。
同じような性質を持つものとしては、デニムファンがよく知る「ジンバブエコットン」がありますが、ジンバブエコットンよりも綿花の繊維が長く、細いため、ジンバブエコットンのセールスポイントである「肌触りの良さ」に関してだけ言えば、理論的にはそれを超えるものとなります。




そのスビン綿の中でも、ブランド名がつけられ、分類されているのが「スヴィンゴールド」。
スビン綿=スジャータ綿とシーアイランドコットンの掛け合わせですが、その掛け合わせの第一世代で生まれた綿花を「スヴィンゴールド」と言います。
農業的にはF1品種と言い、安定した品質・量が収穫できますが、毎回交配させる必要があるので、育成に手間がかかる、という点は否めず、故に希少性が高くなります。
掛け合わせて生まれたF1品種を使って、また栽培して生まれたものを第二世代と呼びますが、品質が安定しなくなる特徴があります。(野菜の場合だと、形が不揃いになるなど不具合がでます。)
要約すると、「スヴィンゴールド」は、スビン綿の中でも更に希少性た高く、品質も高いもの。という理解で間違いありません。




世界90ヶ国で生産されるコットンの中で、高級綿と呼ばれるのは僅か8%足らず。
その中で、幻と称される希少性の高いプレミアムコットンが有る。
綿総生産量の何と0.003%、業界にもその存在を深く知られていない。
その名は「SUVIN GOLD(スビン・ゴールド)」。





スビンとはVINCENT種(シーアイランドコットン)とインドに古くからあるSUJATA種を交配させた世界でもトップクラスの綿花。
それぞれのアルファベットを取ってSUVINと銘々された。そのスビンの中でも1番摘み、2番摘みの品質の良いものをスビンゴールドとして区別している。スビンゴールドの特徴は極めて細く、風合いはしなやかで、繊維長も長いため細く強い糸を作ることができる。手摘みによって収穫しているので、繊維が傷むことなく、高品質な糸が生まれる。現在は、インドの南部TAMIL NADU州のみで栽培されており、Mr. APSWAMI唯一人が続けている貴重な綿花。






インド古綿のスジャータと海島綿ヴィンセント種のハイブリッド。
繊度は最も細く、繊維長も長い、まさに世界最高級の超長綿素材です。 天然のろう分と油脂分により絹のような光沢とドレープ性、ぬめり感を獲得。 発色性も申し分ありません。



最後の説明はハマナカさんの資料からです

いかがでしょうか

この高級コットンの生地糸が 1g=10円なんです


全国の編人がザワつき大騒ぎするほどの糸であることがお分かりになったと思います

いかがでしょうか!

言葉の説明だけでもスゴイ糸で スゴイ価格だという事が分かります

DSC05742rs.jpg

これで約300g巻が多いです

という事は3000円!

スビンゴールドテープが 30g 125mですので 製品とは若干の違いはあるかと思いますが この生地糸でも1000mあるかと思われます

もう、お分かりですね

そう、そういう事です

明日は10時に開店します

お一人様の購入巻き数に制限はありません

平成を代表する名コットン糸と言っても過言ではないスビンゴールドテープ

ぜひ、ご利用ください






posted by 毛糸まつり at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

高級綿テープ糸 実はこれでした!

いよいよ明日からサマーセールです

その中で全国の編人をザワつかせている糸があります

昨日の絹100%と 高級綿テープ糸

はぁ・・・? 高級綿テープ糸って?

大体 テープヤーン自体が少なくなりました

今、スグに頭に浮かぶのは・・・パピーさんのアラビスと・・・リッチさんのスヴィンゴールドテープくらいですね

でも、スヴィンゴールドテープは今季は見本帳には載っていません

・・・えっ・・・?

み、見本帳に載っていないって・・・・まさか・・・・








はい、そのまさかです!

まさかがホントになりました!

こちらです

DSC05743.JPG

全国の編人の皆様

おめでとうございます!

この糸たちの生地糸が なんと 1g=10円でお求めになれるんです!

えっ?

まだ信じていませんね・・・そこのあなた!

では、証拠写真をお見せしましょう

DSC05742rs.jpg

アラビスにしろ スヴィンゴールドテープにしろ 一度でも編んだ事のある方なら、その編みやすさは言うに及びません

棒針 かぎ針 どちらもコットン糸としてはトップレベルで編みやすいです

そしてこの太さ というか、細さ

DSC05742.JPG

基本が平らなテープ状の糸なので 当然、編み進めると折れたりねじれたりします

これがビミョーな凸凹感を演出してくれ 暑い日でも肌につきにくく 少々ゆるめのザックリ編みでもダレることが少ないです

生地糸の段階では とてつもなく良い生成り色♪

生地糸の段階でムギュッとすると とてつもなく滑らかで優しい感じ♪

それでは 次の記事から このスビンゴールドテープを深く掘り下げて 多くの編人に好きになってもらいましょう

少々、コーヒーブレイクです

のちほど♪

posted by 毛糸まつり at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

絹100%生地糸 編んでみました

おはようございます

朝の1曲です

♪かあ〜さんが よなべをして 絹糸編んでくれたぁ〜♪

大丈夫です

ちゃんと寝ました

さて、編地です

まずはメリヤス編み

正規玉の針に合わせて3号でチャレンジ

・・・・うん、編みにくくはないです

絹鳴りはまったくないので そういう編みにくさはみじんもないです

昨日の記事でもご紹介しましたが 吉田繊維さん曰く「セシリンを何%落とすかで絹鳴りがしたり しないようにしたり」が決まるそうです

で、出来上がった編地がこれ

シルク05.jpg

あら、裏だわね

でも・・・

ちょっとちょっと!

さわっ として この編地、肌につけてごらんなさい!

さらさらして なんと良い感じなんでしょうか!

麻とは違うサラサラ感が とても気持ち良いです♪

これは真夏に向けた作品にもいいかもです

殻はかぶっていても絹100%!

悪いはずがありません

で、編んでいて感じたのですが もう少し太い針で模様編みも行けそうです

で、編んだのがこちら

シルク04.jpg

7号針で透かしてみました

いやいや 軽い軽い!

殻はかぶっていても光沢感があるのが あら不思議!

立体感も表現できそうだし 徐々に自信が出てきました

シルク06.jpg

編人の手によっては もう少し号数を落としてもいいかもです

うん、楽しい楽しい♪

今回も染めて編んでいるので なんと言っても楽しいです

ふぅ〜・・・少し冷静になりましょう

チョッと時間がないのですが かぎ針にはハリが強いかもしれないですね

まだ試していませんが 今のところ、棒針推しです

こちらの糸 1g=8円で 巻にそれぞれ値段がついています

200g前後が多いので なんと2000円くらい!

編人(あみんちゅ)の方はもちろん、染人(そめんちゅ)の方々 織人(おりんちゅ)の方々にもお試しして頂きたい逸品です

明日より4Fに並びます

まずは色々サンプルがありますので 触ってみて感じ取ってみてくださいね

糸は編むだけが楽しみではない事を教えてくれる糸です

絹100%生地糸

目いっぱい楽しんでください♪


posted by 毛糸まつり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!