2019年07月08日

絹100%生地糸 柔軟剤 そして、染色・・・

糸の師匠の教えの通り エクセルシルクの生地糸に 恐らく多くの編人が家庭で出来るであろう手法を試してみることにしました

まずは柔軟剤

軽く中性洗剤でシャバシャバっと洗い 泡が出なくなるまですすぎます

この時は毛糸洗いでもいいし なければ普通の洗剤でも大丈夫かと思います

思ったよりすすぎの水に色がつきます

そして若干、黄みが取れて白っぽくなりました

おっ、精練成功か・・・

そんなに甘くはありません

そのまま柔軟剤仕上げへ移ります

これもいつもの柔軟剤でOKです

自宅の洗濯ではあまり柔軟剤信者ではなかったのですが 一昨年のリネンサーフ 昨年のコットンメモワールで その効果を目の当たりにし、一気に信じるようになりました

今年のエクセルシルクは今まで以上に手ごわい相手です

と、言ってもやる事は同じなのですが・・・

で、その結果は・・・

うん、そこそこ効果はありそうです

それでも衣(きぬ)や襲(かさね)のような絹糸から比べるとまだまだですが 最初の生地糸の状態よりかなり良い感じになりました

サンプルを置いておきますので その手で触ってご確認ください

そして 染色

これも家庭用染料で染まるかのテストです

ウチではダイロンとみやこ染さんを販売していますが 今回はみやこ染をチョイス

手順通りに染めを施してみました

さて、その結果は・・・・





シルク03.jpg

こんなになりました!

いい感じの生成り色になり いい感じの柔らかさも出て 染めはさすがの高級天然素材100%

とてもきれいに色が入りました!

うん、これなら編んで頂けそうです!

絹100%ながら 麻のようなサラサラ感を持った糸

エクセルシルクと名乗るのはやめにしましょう

楽しくなってきました

さて、お次は編みテストです!

それは・・・明日でいいですか

明日までに編んでまとめておきますね

段々この糸に自信がついてきました

編むのが楽しみです

では 明日♪

posted by 毛糸まつり at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

生地糸特集 1g=8円の糸はこれだ!

大変長らくお待たせしました

気になる広告の品 

その中でも一番気になったのはこれでしょう

絹100% 1g=8円

ズバリ言います

こちらは ハマナカだから・・・某H社の販売していた エクセルシルクの生地糸です!

エクセルシルク玉.jpg

シルク100%の糸に撥水防汚と形態安定加工を施しました。
従来の樹脂コーティング加工より透湿性、通気性がよく、やわらかで風合いが変わりません。
シルク100% 25g 90m


既に見本帳からは卒業してしまっている糸です

そうですよね

メーカーさん、販売商品の生地糸は絶対に外へは出しません

素性も知れました

1g=8円と言うと 25g=200円の計算になるではありませんか!

定価980円なので8割引!






と、両手を上げて喜んでもいられません

確かにこの生地糸は エクセルシルクの生地糸⇒染色前の糸に間違いはありません

が、未精練糸なんです

絹糸の精練とは

精練とは、セリシンとフィブロインの2重構造である絹糸のセリシン部分のみを
取り除く事を指します。
産地や取れた時期によっても異なりますが、絹糸は概ね卵の殻のような白色をしています。
この絹糸のセリシンを取り除くこと、即ち精練することによって、艶の無い白色から、
光沢が非常に素晴らしい白銀色へと変化し、同時にドレープ性の優れた
柔らかい風合いが生まれます。精練済の白銀色をした絹糸の上から染色致しますと
皆様がイメージされます絹製品へと仕上がるのです。


↑あるサイトから拝借しました

まずは現物の写真をご覧ください

シルク01.jpg

上記の説明より 若干、黄みが強いように感じられます

そして触ると真っ先に感じるのが そのハリとコシ

素材の情報が無いと それはまるで麻のような糸に思えます

糸自体は撚りもかかっていて良さそうなのですが 絹100%手編み糸の概念とは遠く離れたものです

シルク02.jpg

通常ですと 精練加工を施し ここでどの位セシリンを取り除くかで その糸の特色がでるとか

サンプルを入手し、まずは机上の討論

一括でどこかで精練してもらおう

どこで? 費用は?

まったく分かりませんでした

じゃ、家庭で出来る精練を調べてみようよ!

ネットを漁りましたが それらしい情報は出てきませんでした

一昨年のリネンサーフ

昨年のコットンメモワール

手編みの多様な楽しみを知るウチのお客様方に愛され編んで頂きました

手のかかる糸ほど 手のかかった編地ほど 愛しいものです

その2019年度版の生地糸を やっとの思いで探し当てましたが 前に進むのはチョッと大変でした

糸の悩みは・・・・

そうだ! 八王子の吉田繊維さんに相談してみよう!

さっそく電話を掛けました

最初はさすがの職人さん、ぶっきらぼうに近い口数少ない感じでしたが こちらの熱い思いを述べていくうちに 電話なのに目がキラリとするのが分かりました

まず、絹の精練の難しさを淡々を説明され その後、どうしたいかを問われました

まずは精練をお願いできる業者様を紹介して頂けないかをお願いしました

街のちっぽけな毛糸屋が いきなりそのような業者に掛け合っても門前払いが関の山

昨年の染色のようにお願いしてみました

一旦電話を切りましたが スグに折り返しの電話がありました

「八王子ではやる業者がない・・・」

費用や納期の前に 精練を承ってくれる業者が既にいなくなってしまっていたのです

これには吉田繊維さんも寂しそうでした

打たれ強さを自負している自分、すかさず「他の産地では?」と聞きましたが 「そこまでやるのはねぇ・・」と暗に却下されてしまいました

それでは 第二案

自分で精練できないか

草木染などをやっている人なら出来なくもないと思うが、一般の人には・・・

殻のようなセシリンを落とすのではなく 柔軟剤を使って糸自体を柔らかくしてみればどうかな というアドバイスを頂きました

さて、ここからが打たれ強い つよせ毛糸売場の本領発揮です!

どのようになったかは次の記事で♪

posted by 毛糸まつり at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

SummerSale 気になる広告の品 紺屋藍

まずはメーカーさんの説明文からの抜粋です

藍染だけがもつ、独特な色合いと、深い藍色の美しさは いつの時代も人々の心を魅了し、生活の中で愛されてきました。
「ジャパンブルー」とも言われ、これほど生活に深く溶け込んだ染めはありません。
この藍染を、どなたにも手軽に楽しんでいただけるために、藍染の染料「紺屋藍」をつくりました。
着るものから部屋を飾るものまで、ぜひこの美しい、藍染の世界を紺屋藍で楽しんでください。


高田馬場から落合、中井の妙生寺川エリアは 古くから染が盛んで 今でもその名残を見ることができます

このメーカーさんも本社は高田馬場にあり、染やレザークラフトの材料でお世話になっています

今までは藍染とかは観光地で高い料金を払って体験的にやるか 園や学校でサラッとやるかが定番でしたが この紺屋藍はご家庭で簡単に本藍染めが楽しめるんです

紺屋藍.jpg

紺屋藍

昨年のコットンメモワール生地糸 藍染プロジェクトにもあったように これ、実に楽しいです♪

あとでバックナンバーを貼っておきますので 詳しくはそちらもご覧ください

で、今年も新たに生地糸が出ましたので あっ、まだ ご紹介してないか!

すみません 次の記事からご紹介しますね

で、そんな生地糸を藍染で楽しんで頂こうという企画なんです

ホント、夏休みの自由研究感覚で楽しめるので是非、やってみてください

この1箱に必要な助剤類からゴム手袋?まで入っています

ご用意いただくのはポリバケツ2ヶ 水 新聞紙 割り箸 お湯 と書いてあります

経験者から言いますと ゴム手袋はご家庭で使っていて そろそろ交換しようかな〜というのがあれば そちらの方が良いかもです

特に男性の場合は良いかもです

そしてエプロン

そして 説明書とおりに行う素直さも必要です

ちょっと どのくらい染まってるのかなぁ〜 という気持ちが湧き出てくるのは分かるのですが 説明書とおりにしましょう

途中で引き上げたりしてはいけません

グッと我慢です

染め液は繰り返し使えるので 生地糸だけでなくハンカチやTシャツ、ブラウス、布帛のバックなど色々と楽しみましょう

お天気の良い休日などに ジックリと楽しまれると楽しいですよ♪

メーカーさんのリンクも貼っておきます

誠和 紺屋藍

後でご案内する生地糸共々、よろしくお願いいたします



↓ 藍染プロジェクトの過去ログです

コットンメモワール生地糸 藍染プロジェクト始動! Vol.1


コットンメモワール生地糸 Vol.2 藍染液を作ったぞ!


コットンメモワール生地糸 Vol.3 やってもうた! が・・・


コットンメモワール生地糸 Vol.4 藍染プロジェクト とりあえず出来ました♪


コットンメモワール生地糸 藍染プロジェクト スピンオフ 編んでみた!


藍染プロジェクトの糸 いよいよ編み始めました♪














どうでもいい追伸

紺屋藍

こんやあい と読みます

お使いの機種の変換、どうでますか?

今夜愛 ちょっと意味が違ってきます

今夜空いてる? 勝手に予測変換しました



posted by 毛糸まつり at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

SummerSale 気になる広告の品 日替わりお買い得品 リップル・サッカー

10日からのもう一つの日替わりお買い得品です

リップル・サッカー3割引

どちらも夏の生地の定番です

リップルって?

DSC_0644.JPG

布生地を部分的に縮ませ表面に凸凹を作ったものです

肌に触れる面積が小さくなるので ベツつきにくく、夏物の洋服や寝具に良く使われます

サッカーって?

サッカー.jpg

これはサッカー 蹴球

織りを工夫することで布の表面に凸凹を作った生地のことです

DSC_0643.JPG

効果はリップルと同じでパジャマや甚平などにも使われます

こちらが1mから なんと3割引になります

定番系の黒札ばかりでなく 通常の赤札セール品も ついている価格から3割引になります

それも 1m以上なら10cm単位でお切りします

これをごらんの編人(あみんちゅ)のお知り合いに 縫人(ぬいんちゅ)がいらっしゃったら ぜひ、ご紹介してください

これは同業他社様と比べても かなりのお安さかと思います

7月10日(水)〜14日(日)までの期間限定の割引です

リップルの方が柄や色数は多いです

よろしかったらご利用ください


posted by 毛糸まつり at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

SummerSale 気になる広告の品 YKKファスナー 玉付ゴールド

バックやポーチ作りには欠かせない 玉付ファスナー

YKK.jpg

あーっ、こんなに色はないなぁ

でも、結構そろっています

そのゴールドタイプ 12p 16pが 10本で590円(本体価格)になります!
と、ここまでは以前のお買い得セールでもありました

10pが欲しかったのに・・・

14pで仕上げちゃった・・・

ご安心ください!

つよせはほとんどのファスナーの長さ調整を承ります!

でも、割引除外になるんでしょ・・・

ご安心ください!

今回のセールでは 長さ調整も割引対象になります!

ジャンジャンお持ちください!

あっ、基本的にはその場で加工しますが 本数が多い時や混雑時にはお待ち頂くことがありますのでご了承ください

このファスナーは基本的には洋服には向きません

何故ならスライダーにストッパーが付いていないので スカートやパンツにつけると知らないうちにピャーと開いてしまいます

小物向けのファスナーです

あっ、長さですが 12.54pにして とかは無理です

何故ならムシの間隔が決まっているからです

10pで と言っても多少の前後はある場合がありますので こちらもご了承ください

他のビスロンファスナーやオープンファスナーなども2割引になります

もちろん、長さ調節も無料でやります♪

服飾専門店ならではのサービスですので 宜しかったらご活用くださいね

では

posted by 毛糸まつり at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

SummerSale 気になる広告の品 日替わりお買い得品

今回も怒涛の3週間の間に 5日間隔くらいで日替わりお買い得品のご用意があります

明後日 7月10日からはこちらです

お買い得 03.jpg

まずは つよせのセールではお馴染みの 小ばさみ シリーズ

今回は各種手芸に使えるこの鋏が登場します

雅桜 黒RS.jpg

和柄はさみ 雅桜(みやびさくら)

伝統の今日ちりめん柄をハンドルにあしらった華やかな高級鋏です

長さが100oと90oが入荷予定ですが どちらも糸きり鋏としてはとても使いやすいでしょう

そして 安心の本革ケース付き!

雅桜 赤RS.jpg

これは今までの鋏シリーズではなかった付属です

チョッとしたプレゼントにも最適です♪

手作りされる方なら こういうはさみは、いくつあっても重宝します

定価は1200円 1300円もしている雅桜

日替わりお買い得で なんと 1丁 390円(本体価格)です!

各売場レジ前で販売しますので 宜しかったら見てみてください



今回のお買い得品は2アイテムずつ出ます

もう1点は リップル・サッカー 1m以上で3割引!

湿気の多い日本の夏でも 汗をかいてもペタペタと肌につきにくいリップル生地・サッカー生地

お子様甚平やカンタン浴衣 大人のワンピースや 俗にいうアッパッパー お部屋着にもお使い頂けます

今回のセールの為に入荷した商品も多数あり!

夏物はサッと買って パッと縫って サラッと着ましょう

こちらは3F生地売場にて販売します
 


どちらも魅力たっぷりのお買い得品です

ご来店の際はぜひ、ご利用ください

posted by 毛糸まつり at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

SummerSale 気になる広告の品 庄三郎裁ち鋏

昭和 平成 そして令和と時代を駆け抜けてきた鋏の名匠 庄三郎

前回の決算セールでは 標準型26pを販売しましたが 今回はそれの上のクラスの登場です!

庄三郎硬刃.jpg
硬刃 SLD 26p
刃の材料に、より硬い特殊鋼(合金工具鋼)を使用したため、従来、刃の摩耗が激しかった化学繊維、皮革、ゴム、ビニールなどの裁断に最適なはさみ。 刃部が非常に硬いので、裁断後の刃ずれ(刃がガリガリすること)が少なく、切れ味が長持ちします。


庄三郎硬刃.jpg

定価14200円の品 数量限定で 8520円(本体価格)


プロ向けの本格派裁ち鋏です

鋏の切れ味は やはりソーイングのモチベーションのアップにつながります

今回のこの価格

かなりのお買い得品です!

相当無理してます

数量限定の大特価!

売切れ御免のごめんなさい!

縫人の方々

良い道具をGetする又とないチャンスですぞ!

ご検討ください

posted by 毛糸まつり at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

SummerSale 気になる広告の品 生地糸特集

さぁ〜 ここからは10日からのセールにどうしても行きたくなってしまう「広告の品」を深〜く掘り下げていきましょう

まず、編人の皆様の目に入ってきたのはこれでしょう

お買い得 01.jpg

な、なんだ!

絹100%で 1g=8円って!


はぁはぁはぁ・・・・

チョッと文字を読んだだけで 未知の脳内物質 マツイタノシミリンが過剰に分泌され興奮状態になってしまいました

落ち着くには良い糸に触るか甘いものしかありません

ここは・・・栄太郎の羊羹があったので一口、頂きましょう

栄太郎.jpg

にゅるっ・・・もぐもぐ・・・

ふぅ〜・・・落ち着きました

これは食べやすいですね

では、もう1本

はっ、そんなことをしている場合じゃない!

絹100% 1g=8円とは!

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛・・・・

その下には 高級綿テープ糸 1g=10円とか!

どこまで平穏に暮らしていた 一編人(いちあみんちゅ)を悩ませれば気が済むんだ!




と、小芝居はこれ位にして これらはジックリと別の記事でご案内しますので♪

取り急ぎ 期待大でお待ちください

 




posted by 毛糸まつり at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

令和元年 サマーセールのお知らせ

昔の人は言いました

指折り数えて待っていたのは 夏休みとサマーセール

夏・ライン素材.jpg


お待たせしました!

夏の手作りのお手伝い&春夏物クリアランス

サマーセールのお知らせです!

サマーセールDM.jpg

来る7月10日(水)から31日(水)まで 怒涛の3週間が始まります!

広告に載っているお買い得品はもちろんのこと 突然現れるゲリラセール そして、探し当てた方だけが得をする埋蔵品的お買い得品の数々!

これは多少雨が降ろうが 30度を超えようが つよせへ行かねばなりません

細かいお買い得品は今後の記事でジックリとご案内します

かなりマニアックな糸も出てきます

いや、つよせの糸で編めば誰でも今日からマニアック♪

まずはお知らせまで

では チャンネルはこのまま

準備ができ次第、続々とワクワクする内容を淡々とお知らせしますので シメシメと微笑んでください

では 


DM画像.jpg
posted by 毛糸まつり at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

編む 来る 買う

アムクルサムsale.jpg
posted by 毛糸まつり at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

アムクルサム

アメリカ.jpg

posted by 毛糸まつり at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sale!

ステキなお知らせのお知らせ

おはようございます!

ハッキリしない天気が続いていますが ハッキリ言いましょう!

今日のお昼ご飯の頃、ステキなお知らせがあります

ステキなお知らせより ステーキのほうがいいわ! とか言わないで見てみてください

今から朝ご飯を食べて 再び、おなかがすいた頃に見てみてください

よろしくお願いしますね♪

多分、多くの編人 縫人 刺人にとって ステキなお知らせです

では

鳥.jpg
posted by 毛糸まつり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ