2017年05月01日

リーフィーの季節がやって来た!人気のバッグコレクション♪

早いもので5月のスタートです

つい先日、あけましておめでとうございます と行ったような気がしますが 年はドンドン経ってきます

あぁ・・もう三十路も半ばかぁ・・・

・・・・軽いフェイクニュースはこの位にして 木々の新緑に光る太陽が眩しい季節になってきました

そうすると・・・リーフィーの季節到来です!

今年は 着るリーフィーがブレークしていますが バッグも毎年安定した人気があります

そんなリーフィーのバッグコレクションを見てみましょう




まずは売場にもディスプレイしてあるこちらから

リーフィーバッグ 01.jpg

2本取り 中長編みの玉編みのバッグ

色の違うリーフィーを2本いっぺんに編むという手法と それを活かしたポコポコ編みが人気でした

編み図通りで各50gといいますから1玉ちょっと

編み方に慣れちゃいば もう少し大きめのバッグもいいですよ♪



リーフィーバッグ 02.jpg

すいかをイメージしたバッグ

広めのマチの入ったバッグです

生地でもそうですが バッグ作りは持ち手を捜すのが大変です

そんな時は2Fでご相談下さい

糸の色を替えて持ち手を替えると 雰囲気もグッと変わります

以上2つは 2009年 ヨーロッパの手あみに載っています

古い作品ですが まだまだ現役OKですね



リーフィーバッグ 03.jpg

リーフィーバッグ 04.jpg

松編み模様のバッグ

これも人気のバッグでした

4巻ですから 今年人気のカーディガンと同じ量

大きさもそこそこあり 普段使いに最適でした

2011年 ヨーロッパの手あみです

この年は大変な年でしたが この2011春夏号は 結構いい作品が多いです

今見返しても参考になる作品が多いです



リーフィーバッグ 08.jpg

変わり中長玉編みのカジュアルバッグ

この作品、なんと色違いの3本とり!

変化を見せようと苦心した結果、ここまできました!

さすがに この後、4本とりは出ていません

2013年 ヨーロッパの手あみに載っています





リーフィーバッグ 10.jpgリーフィーバッグ 05.jpg

2014年 ヨーロッパの手あみです

この頃から他の糸とのコラボの提案が始まります

こちらはカルナバル フルールとの合わせ技でした

素材感は楽しい作品でしたが あまり実売にはなりませんでした

同じコラボなら こっちの方が人気です

リーフィーバッグ 06.jpgリーフィーバッグ 07.jpg

ツイード調?のガーデンツイードとの2本とりが何とも言えない良い感じを 良い編地を提供してくれます

これは!と思いましたが なんとガーデンツイードが早期に廃番!

持ち手も共糸で編んでいますが 売場の見本では既成の持ち手を使用しています

使えるものは使いましょうね

リーフィーバッグ 09.jpg

最後はこれです

スパングルコットンファイン×2とリーフィーの3本とりをラインに入れたボーダー柄のバッグ

2015年のヨーロッパの手あみですが やはり何とかしてリーフィーの使い道を提案しようとの必死さが伝わってきます

でも、今年のカーディガンのヒットを見ても 他の糸とのコラボばかりでなくもっと身近にヒットのヒントはありました

夏の手編みバッグはエコアンダリアが相変わらず強いですが リーフィーの良さはその素材感と水気に強い事

和紙が素材という、昔ながらの原料が ほっとさせてくれるんでしょうか♪

パピーさんではリーフィーの品切れが出始めています

つよせではある程度、在庫は確保してありますので 色をお探しの時はご利用下さい

※一部、品切れもありますのでご来店前にお電話、メールでお問い合わせ下さい

それでは 連休の谷間、頑張りましょう!


posted by 毛糸まつり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品